【業界団体】回胴遊商 創立20周年記念式典

140527kaido_main
回胴式遊技機商業協同組合(伊豆正則理事長)は5月27日、東京・品川の品川プリンスホテル国際館パミールにおいて、組合創立20周年記念式典を開催し、全国から組合員と業界関係者など約750名が参集した。

140527kaidoizu挨拶に立った伊豆正則理事長は、「回胴遊商は遊技機流通の新たな秩序と制度の確立の為、日電協様のご理解とご指導を得て、平成6年6月、142社が集まって回胴式遊技機商業会として発足しました。平成10年には法人格を取得。平成17年10月からは警察所管となり、現在616社が加盟する業界最大の組合へと成長する事が出来ました。これもひとえに業界関係者の皆様方の努力の賜物と感謝しております。回胴遊商は創立当初から遊技機流通の安全を担保出来るような活動に取り組み、いくつもの施策を実行して参りました。組合員には公正・公明・公平を旨として厳格な姿勢を貫いてきました。平成17年5月の理事長就任以来、進化する組合となるべく組合運営にあたってきました。平成18年からは中古遊技機流通の健全化、適正化に向けて日々全力を傾注しております。平成19年からは全国7カ所に打刻事務所を設置。本年4月から支部事務所として業務を開始しています。これらは全て行政をはじめとする関係各位の大きな理解と共に歴史を作った組合員の皆さんの大きな力だと深く感謝しております」と、組合の歴史を紐解きつつ感謝の意を述べた。

140527kaidodaimon来賓挨拶に立った警察庁生活安全局保安課の大門雅弘課長補佐は、貴組合は平成6年に回胴式遊技機販売商業会として発足以来、回胴式遊技機の販売及び流通過程の健全化、適正化等を推進する事によりぱちんこ営業の健全な発展に尽力されてきた。ぱちんこ営業については我が国の代表的な大衆娯楽として定着し親しまれているが、他方で健全化を阻害する要因が今なお残されている事も事実。貴組合は遊技機不正改造防止対策、児童車内放置防止策としてのホール駐車場巡回活動、闇スロ撲滅活動等を進められ、我々としても心強く思っている。また、東日本大震災からの復興支援活動としてカラオケ大会の開催など様々な活動に尽力され、業界の社会的評価の向上に努めており、ぱちんこ業界が一致団結して国民から親しまれる健全な娯楽となるための取り組みの推進を期待している。警察として遊技機の不正改造をはじめとする各種法令違反には厳正に対処すると共に業界の健全化に向けた取り組みに対しては可能な限り支援をしていくとの楠保安課長の挨拶を代読した。

140527kaidoaomatu続き、全日本遊技事業協同組合連合会の青松英和理事長が立ち、創立以来業界に多大な貢献をしてきた組合に謝意を表し、「闇スロ撲滅に向けた4号機の完全回収に向けた諸活動、日電協様と協力して『パチスロの日』を育て、業界の健全化、イメージアップに向け大変熱心かつ意欲的に活動を行っておられます。全日遊連も重点的に取り組んでいる子供の車内放置事故防止活動についても、積極的に支援頂き、これも組合員の方々のご尽力のおかげと深く感謝しております。新中古機流通制度の円滑な運用についても大変ご努力頂いている所であり、中古機の流通は環境面だけでなくコスト削減の面からもホールにとって大変重要な役割を担っている事で、我々全日遊連として身近で手軽な大衆娯楽の確立に向けて組織を挙げて諸施策に取り組んでおり、貴組合の果たされる役割は非常に重要」と述べた。

式典では回胴遊商20年の足跡の映像放映の他、山下皓元理事長と伊豆理事長による歴史を振り返るトークセッションなどが行われた。この中で山下元理事長は、「商業会設立当時の話として、この業界は様々な組織がある中で、回胴式遊技機の販社がどれだけあるか掴めないという事で、日電協様が各メーカーを通じて販社の報告を最初に上げました。重複もあったかもしれませんが、その時に約450社がそれぞれのメーカーから登録され、その販社の組織を作れという指示で開始した時点で145社の加入申請がありました。これは少ないという事で日電協加盟メーカー様からも後押しをして頂いて、加盟販社も増え、何とか認知された次第です」と当時を振り返った。様々な苦労の末、時代の変化や業界の健全化に対する取り組みが具現化されるに従って組織としての基盤が出来ていった。伊豆理事長は、組合運営について就任当初から動いていく中で決断していく事を念頭において活動を開始。地方組織の強化を目的に組合支部事務所化を果たすなど、着実に進化を続けている。また、回胴遊商による地域貢献活動の柱となっているホール駐車場巡回活動は、まず汗を流す活動によって地域の方々に認知される活動として始められ、これまでに10人もの尊い乳幼児を救う事に繋がっている。140527kaido2

基調講演では経済アナリストの森永卓郎氏が「これからの日本経済」というテーマで講演を行った。
記念祝賀会で挨拶に立った一般社団法人 日本遊技関連事業協会の庄司孝輝会長は、
「回胴遊商さんとはその時代に合った物をより発展的にマニュアルを替えたり、中古流通の機構を替えたりといった事をパートナーシップのもとにやって参りました。幼児の車内放置防止の巡回や闇スロ撲滅活動など、業界にとっても非常に評価されています。貴組合が設立された20年前は4人に1人がパチンコファンでしたが、現在では10人に1人となってしまいました。この業界をもっとアピールしていかねばならない時期に来ており、まずは動いて考える事が必要だと思っております」と語り、産業活性化の為の施策に対する協力を要請した。

140527kaidokanesi乾杯の音頭に立った日本電動式遊技機工業協同組合の兼次民喜副理事長は、日電協と回胴遊商は親子・兄弟の関係であり、切っても切れない深い絆で結ばれている。業界における諸活動や社会貢献活動についても共に考えて行動してきた。業界が厳しい状況の中、打開策は自らが見いだしていくものである。若者がパチンコに足を運ばなくなった中、いかにして新しいファンを獲得していけばいいのかを具体的に打ち出していく時期に来ていると語った。

鏡開きには回胴遊商から執行部、理事、支部長などの他、業界各団体の役員らが登壇。盛大に樽が開けられた。また、アトラクションとしてアーティストの松山千春氏によるシークレットライブが行われ、往年の大ヒット曲を含む数々の楽曲披露に集まった一堂が酔いしれた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中