【イベント】ニューギン 前田慶次 四百三回忌供養祭に参列

140604newgin_main
戦国武将・前田慶次の魂が眠ると言われる、真言宗豊山派 松心山光照院 善光寺(堂森善光寺・山形県米沢市)では、約38年前に同氏のために供養塔を建設。それから毎年6月に「前田慶次 供養祭」を行う事が寺の恒例行事となっている。今年は4日に「四百三回忌供養祭」が開催され、そこに前田慶次を主人公とした人気パチンコ(パチスロ)シリーズを展開する(株)ニューギン販売(本社/名古屋市中村区)が参列した。同社の参列は5年前の「三百九十九回忌供養祭」からで、前田慶次に対する感謝の気持ちと、「花の慶次シリーズ」をファンと一緒になって作って行きたいという思いから毎年継続して参列している。当日は、同社をはじめ地元団体や地域住民、前田慶次ファンなど約150名が参列。熱狂的な前田慶次ファンも多く、中には他県から足を運ぶ人やパチンコファンの姿も見られた。供養祭では全参列者での祈祷が行われた他、地元有志による名物料理「大根汁」の提供やオリジナルグッズの販売などを実施。同社においてもラッピングカーの展示や参加者に対するアンケート調査などを行い、協力者にはオリジナルのグッズなどがプレゼントされた。
140604newgin1
また、パチンコシリーズの楽曲担当、角田信朗氏によるライブパフォーマンスも提供。司会進行役をお笑い芸人のデコボコ団が務める中、ファンの前へと登場した角田氏は、「毎年6月4日、この地で供養祭が行われていますが、天気が悪かった事はほとんどなく、前田慶次さんが喜んで下さっているのではないかと思っています。私が初めて堂森善光寺に訪れたのが約8年前、作者の原哲夫先生と一緒でした。その時は今にも雨が降りそうな天気で、急いでお参りしようと供養塔の前に向かったのですが、前に立った瞬間、真っ黒な雲が急に開らき、日が差し込んできたのを覚えています。それを見てから、前田慶次さんの魂がこの地にあるんだと心から思えるようになりました」と挨拶した後、ファンとの親睦を深めるため来場者を前へと誘導。わずか2メートル程の距離でライブを開始した。

ライブでは花の慶次シリーズに使用されたオリジナルソング3曲を披露。1曲目はシリーズ1作目からのお馴染み「傾奇者恋歌」(かぶきものこいうた)、2曲目は最新作”CR花の慶次SP〜琉“の主題歌として導入された「恋も喧嘩も華と咲け」、そしてラスト3曲目には最も盛り上がるナンバーとして「よっしゃあ漢唄」を熱唱。3曲目のステージには、ご当地キャラクター”けーじろー“と”かねたん“が駆け付けるなど、来場者が一体となって盛り上がった。ライブ終了後には握手会及びサイン会を実施。多くの来場者が列を作り、中にはコスプレ姿のファンも見られた。
140604newgin4

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中