回胴式連絡会 警察庁からの指摘事項等について説明

回胴式遊技機製造業者連絡会(里見治会長)は9月12日、日電協会議室(東京都台東区)において、パチスロの遊技機性能に関して警察庁より指摘された事項について、プレス関係者を集めその説明会行った。日電協から佐野慎一副理事長(技術委員長)、原田宗宏専務理事、中西馨技術部長、日工組からは山澤求常務理事が出席した。

中西技術部長は8月28日、日工組と日電協が警察庁において「不適合事由」ならびに「試射試験方法」の大きく2点について指摘があったと報告。これを受け9月1日、会員各位への周知徹底の文書を発出し、9月16日の型式申請分から遵守を徹底する旨を伝えたと経緯説明を行った。

今回の指摘事項について佐野技術委員長は、回胴式遊技機の型式の由来と、この10年間の経緯を振り返り、遊技機性能(5号機)の原点回帰への強い要請と受け止められると所感を述べた。そして、「できるだけ早く対応していきたい」と全メーカーが連携して正常化に努めていくことを第一とした。市場への影響についての質疑では、「例えば4号機から5号機に移行した時(の混乱)と比べれば、大きな事態にはならないのではないか。優先しなければならないこと(指摘事項の正常化)に全力をあげたい」と語った。

【参考資料】
警察庁からの指摘事項等について(参考)

8月28日、警察庁より型式試験等において不適合となる性能が散見されることから型式試験申請時には留意してもらいたいとのこと、併せて型式試験における試射試験の方法について一部変更する旨も伝えられました。

<不適合事由>
① 役物作動時の出玉率が通常時より下回るもの
② 客に不利益となる指示機能を有するもの
③ 客が遊技の結果を誤認するおそれのある演出
これらについては改めて組合員に周知いたしました。
尚、これらによる遊技機性能への影響は軽微なものであると考えております。

<試射試験方法>
所謂ペナルティを利用して通常ベースを低く設計し、消費ペースが早い遊技機が散見されることから、最低の出玉率(55%)の試験を行なう試射試験においてART中も出玉率が最低となる打ち方で行うこととすると説明を受けました。

これにより、AT・ART機は、新たに設計の見直しが必要となる見通しです。試験の一部変更への対応については、各メーカーが検討を開始しているところではありますが現在想定している遊技機性能への影響の概要は以下となります。

・ノーマルタイプ:影響なし。
・A-ART機(純増1.5枚程度 ボーナスあり):ほぼ現状維持。
・AT機(純増2枚以上):通常ベースが現状より高くなります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中