夏イベ総特集!

main今年も全国各地で業界関連企業の主催・協賛によって“夏イベ”が行われた。今回は弊誌が把握した8月中旬までのイベントをクローズアップ。各イベントには全て、大盛況と呼べるほどのファンが集結。冷え込む業界シーンを“猛暑”に変えるべく熱気を放っていた。イベントは以下、「パチスロの日」(日電協・回胴遊商)、「花慶の日2016」(ニューギン)、「やるしかねぇべ祭」(北電子)、「1000ちゃんメジャーデビュー記念」(オーイズミ)、「国際ユースジャズキャンプ」(太陽グループ)、「世界コスプレプレサミット」(サンセイR&D・キタック東海販売)、「仙台・七夕まつり」(ニューギン)、「コミックマーケット90」(ネット)。

1_pachisuronohi■日電協/回胴遊商
8月4日はパチスロの日・パチスロサミット2016
日本電動式遊技機工業協同組合(佐野慎一理事長)と回胴式遊技機商業協同組合(伊豆正則理事長)の主催、日本遊技機工業組合(金沢全求理事長)の共催による「8月4日はパチスロの日・パチスロサミット2016」は8月6日、ベルサール秋葉原の3フロアを会場として盛大に開催した。
午前11時前のオープニングセレモニーでは、日電協の佐野理事長、回胴遊商の伊豆理事長と、PSPRの森下悠里さん、水瀬美香さん、ドラ美さん、河原みのりさん、工藤舞さんの7人がテープカットを行い開場。オープニングステージでは、SIR(サンスポアイドルリポーター)13人が務めた。「♪ハッピーが止まらない!!」「♪銀デレラ」「♪チェリーハント」「♪パワーチャンスコール」、そして「パチスロサミット2016」のテーマソング「♪ゲットトゥーザトップ」を熱唱し、早朝から集まったファンが次々と来場した。
1階のオープンスペースのステージでは、お笑いタレントの原口あきまさ氏による「パチスロ大好きコンテスト」、PSアンバサダーとファンがチームとなりAタイプ早掛けダービー、ライター座談会、パチスロカルトクイズ、ジャンケン大会など繰り広げた。2階会場は、最新パチスロ機(日電協・日工組17社22機種)100台を特設展示して「ウルトラ大試打会」を開催 。来場時にスタンプラリーができるウチワをもらったファンは、目当ての新機種の試打を楽しんでいた。
午後1時からは地下1階において「業界シンポジウム」を開催し、業界関係者が参加した。第1部、明日の日電協を考える委員会の岩堀和男委員長(日電協理事)が「2016年パチスロ展望」、5号機からの自主規制の動向を振り返り、これからのパチスロの進むべき方向性、5.9号機を解説した。第2部は、片瀬宏之常任講師(ダイコク電機)、奥野倫充上席コンサルタント(船井総合研究所)、稲田剛史主任研究員(矢野経済研究所)が「今後ホールがどのように変わるべきか」基調講演。その後「ザ・討論会」として、藤田宏社長(エンビズ総研)、POKKA吉田氏を加えて「パチスロの今後について」の意見を述べ合った。

1_2_newginhanakeinohi■ニューギン
花慶の日2016に過去最高となる約3500名来場
(株)ニューギン(本社/名古屋市中村区)は8月6日、都内千代田区の東京国際フォーラムにおいて、同社人気機種「花の慶次」シリーズの世界を疑似体験できるイベント、「The Legend of CR花の慶次『花慶の日2016』」を開催した。
イベントはパチンコ・パチスロ業界で数々の伝説を残してきた「花の慶次」に因んだ様々の催しやブースを用意して、長年にわたりシリーズを支えているファンへの感謝を伝える内容。8回目を迎える今年は、歴代全ての機種を用意した「試打コーナー」や、夏祭りを模した「縁日ブース」、前田慶次のご神体を祭った「常勝神社」など、数多くのコンテンツを用意した。集まったファンは過去最高となる約3500人。毎年参加しているというリピーターも多く、年に一度の祭りを楽しんでいた。
平行して行われるステージイベントでは、お馴染みの角田信朗氏をはじめ、信岡愛さんやTokyo Cheer② Party、攻略誌ライターなど多数のゲストが登場し、ライブやトークイベントを行った。オープニングステージにおいては、(株)ニューギン販売の笹本教光専務取締役が登壇。「よっしゃあ!」の掛け声と共に開会宣言を行った。

2_oizumi■オーイズミ
1000ちゃんメジャーデビュー記念!
(株)オーイズミ(本社/神奈川県厚木市)は8月6日、『1000ちゃん』(CV/新田恵海)のメジャーデビューを記念して、神奈川県厚木市のレンブラントホテル厚木において、トーク&ライブイベントを開催した。
『1000ちゃん』は2013年に誕生した同社の宣伝キャラクター。Twitterやオリジナル楽曲のリリース、WEBドラマ配信といった様々な活動を通して、機種や企業のPRを行ってきた。今回はキャラクターの声優を務める新田さん、渕上さん、洲崎さんの3名が会場に登場し、人気声優の白石稔氏をMCにトークセッションとライブを行った。トークセッションではそれぞれが演じるキャラクターの紹介をはじめ、「鮎萌え選手権」や「ギリギリトークチキンレース」と題したゲームを実施。中でも、「ギリギリトークチキンレース」は時計を見ずにフリートークを行い、86秒に最も近い秒数でトークを終えられた人が勝利となるゲームで、77秒の記録を出した新田さんが見事勝利を収めた。(第1部)
同社の拠点であり、イベントの行われた厚木市では同日、大花火大会「あつぎ鮎まつり」も行われた。地域との良好な関係作りを推進する同社では「1000ちゃん手ぬぐい」のもらえるスタンプラリーの実施や、屋台での「かき氷」販売、本社ビルにて「夏だぁ~☆扇子」といったグッズの販売を行うなど、積極的に祭りに参加。地域市民やマスターなど、大勢の人が集まり、イベント同様、祭りも大いに盛り上がった。

3_taiyogroup■太陽グループ
国際ユースジャズキャンプを支援。野口五郎氏もサプライズ参加
(株)太陽グループ(本社/札幌市中央区)は7月31日から8月6日までの間、札幌市内各地で開催された「札幌芸術の森国際ユースジャズキャンプ」事業に対して様々な支援を実施。8月5日には、グループ企業であるばんけいの森スキー場において、ジュニアジャズ国際交流事業で海外4ヶ国、道内外から集まった240名の小・中・高校生が、コラボレーションして混成チームを結成。特設ステージにおいて、各チームが演奏を披露した。
海外から来道した4ヶ国の子ども達とその家族に対して、敷地内にあるばんけい幼稚園の園児や卒園生らからよさこいソーラン節の踊りや折り紙などがプレゼントされ、太陽グループボランティアチームも運営を裏方でサポートした。海外から来た人たちは、ばんけいスキー場で初めて目の前で打ちあがる花火に歓声が上がっていた。
特設ステージではジミー東原オールスターズによるライブも開催され、サプライズメンバーとして野口五郎氏もドラムを担当。会場に集まった多くの市民らは夏の音楽の宴に酔いしれた。

4_kitadensihukusima■北電子
やるしかねぇべ祭に協賛。ツノっちエアドームには465人の子どもたち
(株)北電子(本社/東京都豊島区)は8月6日、福島県相馬郡新地町で開催された「第6回やるしかねぇべ祭」において、同社実機8台とツノっちエアドームを出展した。
イベントは東日本大震災により心身ともに傷ついた被災者及び子供たちのために、いま一度笑顔を取り戻してもらい、前へ歩んでほしいという思いで開催されている。協賛した同社は、チャリティースロットコーナーとして実機8台を設置し、1回転につき5円の寄付を来年の第7回開催の運営費にあてるべく、やるしかねぇべ祭実行委員会へと寄贈する。当日、ブースへの来場者数は258人。総回転数は1万795回転で、寄付金額は5万3795円となった。また、ツノっちエアドームには465人が訪れ、子どもたちは笑顔で楽しんでいた。

5_nagoyakosupure■サンセイR&D/キタック東海販売
「世界コスプレサミット2016」でブース出展
8月6日・7日に名古屋市内で開催された「世界コスプレサミット2016」に(株)サンセイアールアンドディ(本社/名古屋市中区)と(株)キタック東海販売がそれぞれブースを出展した。
【サンセイR&D】
名古屋市内久屋大通公園にアニメに特化したコーナーにブース出展した同社は「CRA牙狼金色なれ~ザルバとの契約~」、「CR巨人の星~情熱の炎~」、「CRキャプテン翼ZZ-Y」の展示、牙狼<GARO>と映画「彼岸島デラックス」の撮影コーナーを設営。来場撮影者全員にオリジナルかき氷を振る舞うなどした。その他「牙狼×新日本プロレス」とのコラボ商品を販売するなど、2 日間多数の来場者で賑わった。
【キタック東海販売】
名古屋市内オアシス21・銀河の広場においてジャグラーシリーズを出展した同社は、遊技機試打を通した「楽しみながら社会貢献」を提供した。具体的には、試打した一般ファンが1回転で5円、その総回転数分の金額を同社が寄付するという取組み。寄付先は「国境なき医師団」へ全額贈るというもの。また、開催中には、特設ステージ において、ジャグラーブース紹介を行った。ジャグラー愛を世界に発信することを使命という「世界のモリショウ」さん、キャラクターのジャグラー、ツノっちが登場して、新機種「ファンキージャグラー」「マタドールⅡ-30」など紹介した。

6_newginsendai■ニューギン
特設やぐらでスペシャルライブ
(株)ニューギン(本社/名古屋市中村区)は8月6~8日までの間、仙台市内各所で開催されている仙台七夕まつり内、盆踊りステージ会場において7日、花の慶次シリーズの楽曲を歌う格闘家の角田信朗氏が、「8月7日は『花慶の日』」を記念したスペシャルライブを開催。特設やぐらの上から「よっしゃあ漢唄」や「傾奇者恋唄」「漢花」の3曲を熱唱。自身、七夕まつりに来るのは初めてと話し、七夕おどりの先生からやぐらの上でレクチャーを受けつつ、初体験となる七夕おどりを参加者と共に踊った。
集まった人たちに角田氏は、震災発生よりライブの開催などで何回となく東北に足を運ばせて頂き、皆さん方の少しでもお力になればと考えています。皆さん方も心を強く持って頑張って下さいと話した。

7_komikenet■ネット
コミケ90にブース出展。新作グッズなどを販売
ネット(株)(本社/大阪市中央区)は8月12日・13日の2日間、コミックマーケット90(東京ビッグサイト)企業ブースにおいて「ネットのパチスロ大作戦・夏の陣」を出展した。パチスロ「プリシラと魔法の本」の導入に先駆け、「プリシラと魔法の本」の新作キャラクターグッズをはじめ、コミケ初となる「十字架3」の新作グッズなど販売。その購入者を対象としてパチスロ「プリシラと魔法の本」を導入前に体感できる「プリシラボーナス大作戦」を通して来場者の関心を集めた。
また初日(12日)には、「プリシラと魔法の本」でレッドフード(赤ずきんちゃん)役の声優として参加したLinQ(リンク)・姫崎愛未さんのサントラCDの予約会を開催。LinQは、日本の福岡県福岡市を拠点に活動するローカルアイドルグループ。新機種を初めて見る姫崎さん、「シンデレラブレード」では「カグラ」役から、今回「レッドフード」役だったが、これもスピンオフ版として大きな関連があるという。10月発売のパチスロ「プリシラと魔法の本」のサントラCD予約に応じた握手会、サイン入り生写真の受け渡し、チェキでの2ショット撮影を行うなど賑わいを見せていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中