パイオニア 地域を照らす“シオナリエ”点灯

main㈱パイオニア(本社/大阪府東大阪市)は11月22日、兵庫県南あわじ市の淡路工場において、冬季限定の「イルミネーションロード」点灯式を開催した。

工場の前を通る道路沿いを中心に敷き詰められたイルミネーションは、同社がささやかながら地域住民の楽しみや地域活性化に繋がれば、との思いから2011年からスタート。今年で6回目の開催を迎える。

4万6千個の球数から始まった取組みであるが、年を重ねる毎に地域住民からの認知が高まり、冬の風物詩として「シオナリエ」(神戸ルミナリエと潮見台地区を掛けて)として定着。球数も年々増加し、今年は前回を越えるおよそ15万個個のLEDが取り付けられた。

1点灯式では南淡路中学校を代表して生徒会の子どもたちも訪れた。挨拶に立った淡路工場の蔭山順子工場長は、「私達は遊技機の製造を行なう会社です。皆様に楽しみや夢を提供する企業でありたいと日々励んでおります。地元の皆様の楽しみや地域活性化に貢献できればとの思いから始まったイルミネーションロードは今年で6回目を向かえ、球数も15万個にまで増えました。工場前の道路は南淡路中学校の通学路です。クラブ活動帰りなど遅くなった時は暗くて怖い思いをしながら帰宅する生徒も多いと聞いております。これからも地域を明るく照らすべく、取組みを続けていきたい。」と語り、これからも地域を明るく照らすべく、取組みを続けていきたいと挨拶。続いて、生徒会の代表者から、「イルミネーションロードを通ると夢の世界に来たような気持ちに心が温まります。点灯式に参加できて嬉しい。」との謝辞が述べられた。

工場前に植えられた桜の木々に彩られたイルミネーションは、沿道を光の川が流れるように取り付けられている。トレードマークであるハイビスカスをはじめ、今年は工場壁面に大小のツリーやトナカイ、雪だるまなどクリスマスをイメージした可愛いキャラクターを設置。点灯中は前回好評だった場内BGMも相まって、冬を彩る癒しの空間を演出した。尚、点灯期間は2017年1月5日まで。時間は17時から22時までだが、クリスマスと年末年始は25時までライトアップされる。
2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中